「あっというまに使える!ブッシュフラワーエッセンス」無料メール講座(全6回)

コンビネーションエッセンス

ブッシュフラワーはアロマではありません!

世界ではさまざまなフラワーエッセンスが作られています。

その中でも、オーストラリア・ブッシュフラワーエッセンスは「違いがはっきりわかる!」という声が多数あります。

「フラワーエッセンスって、あの匂いをかぐ…」いいえ、匂いをかぐのはアロマセラピー。
カン違いしている人も多いかもしれませんね。

アロマオイルは「エッセンシャルオイル(精油)」、すなわちハーブの成分を抽出したもの。フラワーエッセンスとは作り方も、その性質もまったく違うんですよ。

ブッシュフラワーエッセンスは、通常は直接お口に数滴入れてとります
熱すぎない飲み物に入れてもOK!

バッチフラワーとの違い

世界で初めて作られたのは38種類のイギリスの「バッチフラワーエッセンス」です。こちらはご存知のかたも多いですね。もう100年以上も世界中で用いられています。

バッチフラワーは「心(感情)の問題」に使われます。怒り、悲しみ、怖れなどネガティブな気持ちを癒してくれます。

ただ、バッチフラワーの場合、すごく変わったというかたもあれば、よくわからないというかたも…

現代のようなストレスが多い社会では、優しいバッチフラワーでは追いつかないこともあるようです。

約20年前に作られたオーストラリア・ブッシュフラワーエッセンスは現代人にマッチしています。

ブッシュフラワーはその名の通り、オーストラリアの野生の花から作られておりパワフル!

心だけでなく、具体的な身体の症状も癒してくれます!

初心者でも使いやすい!20種類のコンビネーションエッセンス

ブッシュフラワーエッセンスは69種類あります。その性質を知るとあれもこれも必要な感じがしてしまいます。でも全部揃えるのは少々高いし(5万円以上)、たとえ揃えたとしても、どのエッセンスが自分に合っているのか迷ってしまうと思います。

そんなときに初心者が使いやすい、20種類のコンビネーションがあります。わたしのセッションでも頻繁に使っています。単品よりも使う頻度が多いくらい!

最近増加している「うつ」や「プチうつ」がありますね。ブッシュフラワーエッセンスはこういう問題にも、安全に試すことができます。ストレスに負けそうになる前に、まず試してみてください。

またフラワーエッセンスは、子供からおとなまで安全に使えます。

コンビネーションエッセンスの使い方がすぐにわかる!

ご自分の状況に合わせてすぐ選べて使えるように、やさしいメール講座を作りました。内容は6回にまとめています。

【第1回】ブッシュフラワーの基本、6つのQ&A
Q1:ブッシュフラワーエッセンスとは?
Q2:ブッシュフラワーを使ったらどうなるの?
Q3:どんなときに使うの?
Q4:どうやって使うの?
Q5:安全?副作用は?
Q6:好転反応はあるの?以下の第2~6回は、5つのテーマ別に「すぐに使えるコンビネーションエッセンス」をご紹介します。
【第2回】性(セックス)
【第3回】環境の影響
【第4回】思春期の子どもたち
【第5回】エモーション(感情ストレス)
【第6回】マインド、スピリチュアル

安全でとっても使いやすいブッシュフラワーエッセンスのコンビネーションは、本当におすすめです!

メール講座(全6回)のお申込みはこちら >>

フォローする

※各ブッシュフラワーの写真の無断転載を禁じます。当サイトではABFEから承諾を得て使用しています。Flower image(or images)supplied courtesy of Australian Bush Flower Essences, all rights reserved.