Top

  • ワラタ

ブッシュフラワーエッセンスとは?

ブッシュフラワー・エッセンスとは、
オーストラリアの野生の花のエネルギーを
取り込んだ「お水」。

使い方は、数滴をお口に入れてとります。
(具体的なとりかたは下段に)

え?口に入れるって大丈夫?

大丈夫ですww

アロマセラピーのオイルのように、
成分を抽出したものではないから。

野生の花の部分だけ、
清浄な水に入れて数時間太陽にさらす…
(エネルギー転写っ!)

その「お水」が元のエッセンスです。

それを薄めて保存剤(ブランデー)を
加えたものが市販されています。

日本向けの製品では、
保存剤は「お酢」が使われています。
(輸入時に酒税法にひっかかるらしい)

身体に影響するような物質成分がない、
ということで
ブッシュフラワーはどなたにでも
おすすめできます。

もちろんお薬ではありません。
でもその働きは強力です。(ホンマ)

皮膚に塗るクリームや
空中にスプレーするミストもあるので
目的によって使い分けることができます。

フラワーエッセンスの歴史

遠い昔から「花には心を癒す力がある」
と知られていたのですが、
1930年代に「花療法」を確立したのは、
イギリス人のバッチ(Bach)博士でした。

医師であり、ホメオパスでもあった
バッチ博士は自身の経験から

「すべての病気の根源は
恐れ、心配、怒り、不安、悲しみなど
感情的な理由によるものが多い」

という考えに至り、
心を癒す野生の植物の研究を始めます。

バッチ博士は
野生の花と会話ができたらしい…
ひょっとして、サイキックやった?w

そして36種類の
バッチフラワーエッセンスが完成。
これは世界中に広まりました。

その後、各国の野生の花から
独自のフラワーエッセンスが
作られるようになったのです。

一方オーストラリアでは、
先住民アボリジニが情緒の安定のために
古くから花を活用していました。

バッチフラワーから約50年後の1987年、
彼らが使っていた花も含め、
自然療法士である
イアン・ホワイトさんによって、
ブッシュフラワーエッセンス(50種)が
作られました。

その10年後には
さらに19種類のエッセンスが
加えられました。

ブッシュフラワーがバッチと違うのは、
肉体症状から精神的な問題まで、
広い範囲で対応できることです。

余談ですが、イアンも
ブッシュフラワーを作成するときは
「お告げ」が聞こえるそうです。

おお、サイキック~ww

ブッシュフラワーエッセンスの働きとは?

ブッシュフラワーの働きを一言でいうと
「バランスをとってくれる」です。

これは「植物のエネルギーは完全」
と言われているからなのです。

プラスに偏ったりマイナスに偏ったりは
不完全な状態、
そこに完全な状態を知らせることで
バランスがとれるんですね。

たとえば、
ストレスでリラックスできない人には
ホッとする余裕を与えてくれますし、
電磁波に過敏な人には
過敏さが和らぐように、
バランスをとってくれます。

ブッシュフラワーの使用例

  • 悲しみや怒りなどの感情から抜け出せない
  • ホメオパシーレメディに敏感
  • 職場、家族、恋愛などの人間関係
  • 思春期の子ども
  • 電磁波過敏症
  • ストレス
  • 自信がない
  • デトックス
  • 不定愁訴、更年期、生理痛、生理不順
  • 不妊
  • 不眠症
  • アレルギー
  • うつ

など。

使いやすい!20種類のコンビネーション

ブッシュフラワーは69種類もあります。
全種類を使いこなすのはたいへん~

でも、とっても使いやすい
コンビネーションエッセンスがあります!

これはテーマ別に複数のエッセンスが
前もってミックスされてます。

ご自分の状態に合うなと思ったら、
まずそれを使ってみてください。

>>すぐに選べる!テーマ別コンビネーション(20種)早見表はこちら

ブッシュフラワーの基本的なとりかた

ブッシュフラワー市販ボトル

市販のコンビネーションエッセンスはそのまま、
朝と夜、7滴を舌下に垂らします。

とる期間は、2週間が目安です。

市販の単品のエッセンス(ストックボトル)は
そのままとらずに、
別の容器に薄めたものを作ってください。
これを「ドーセッジボトル」と呼びます。

ドーセッジボトルの作り方:
別の容器を用意してください(15mlくらいのスポイト付きボトル、またはスプレーボトル)。

市販の単品のボトルから、7滴をその容器に移します。
(数種類ミックスしたいときは、各単品のボトルから7滴を移します)。

そしてブランデーやウオッカ、お酢を容器の1/4くらい加えてから、さらに水を加えて満たします。

作成したドーセッジボトルから
朝晩、7滴を舌下に垂らします。

とる期間は、2週間が目安です。

その後のとりかたは様子を見て
そのまま続ける、
1,2週間あいだをあけてまたとる、
別のエッセンスに変える、
など、感じるままにとって大丈夫ですv

ブッシュフラワーはコップ一杯の水や
他の飲み物に入れて飲むこともできます。
熱すぎない飲み物でも大丈夫です。

※保存剤のアルコールが苦手な場合は、
飲める程度のお湯に入れてしばらく置き
アルコール分をとばしてください。

ブッシュフラワーを使うための本

ブッシュフラワーの本は2冊ありますが
2冊とも必要です。
ないと全69種類の情報がわかりません。

この2冊があればホントに使えます!

フォロー♪

※各ブッシュフラワーの写真の無断転載を禁じます。当サイトではABFEから承諾を得て使用しています。Flower image(or images)supplied courtesy of Australian Bush Flower Essences, all rights reserved.